読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オノマチ相変わらずスゲエ

先日lalaTVでみた「フジコ#1」、

もともとHuluで先行配信なのかな、その時にもネットではニュースになっていて

刺激が強いとか、お子様厳禁だとか、まあそんな感じの予備知識と、

原作の小説がバカ売れ(イヤミス界では有名な真梨幸子

であらすじは知っていたものの、主人公のフジコをやってくれる女優さん

見つかるかどうかにすべてがかかっている映像化だよなとその時は思った記憶が。

 

ここ数年、虐待する母親といえば、真っ先に浮かぶのが

尾野真千子

なんでだろうか、彼女はいい女優さんだし、それ以外の作品では

実に優しい表情を出すんだけど、

虐待する母役になると、鬼のような形相するのね

(夫が言うには目つきがポイントなんだとか)。

最初の虐待母として印象あるのは日テレ「Mother」

今思い返すとそんなに出演シーンは多くなかったようにも思う。

でも視聴者として、不思議と「この女、子ども殺してもおかしくない」

とすんなり思ってしまったっけ。

 

それ以降、なんかそういう役といえば彼女だったような。

去年CATVで観た映画「きみはいい子」もそう。

多少の葛藤と、それをなぎ倒すほどの感情の波に流される母親。

役者さんとしては、なるべくなら優しい母親役やりたいだろうなぁ

とか、見ていて思う。

そして、今回見始めた「フジコ」。

多少の葛藤すらない極悪非道(のように見える)母親、

スゲエ、としか言えない。

そして、ふと「これって昔の大竹しのぶみたい」と思う。

映画「黒い家」とか怖かったよなーとか(虐待の話ではない、念のため)。

 

彼女を最初に意識したのはNHK外事警察」だったかなぁ。

朝ドラ「カーネーション」はリアルタイムでは見なかったし。

(だいぶ遅れてファミリー劇場での再放送でみた)

あとはフジ「名前のない女神」か。

だから、彼女のイメージとしては頼りない真面目な女性、だったんだよな。

(ちなみついでに、「外事警察」の渡部篤郎が超かっこよかった)

 

それが、「カーネーション「Mother」最高の離婚

と、威勢のいい役とか感情の激しい役とかにシフトしていったんだわね。

でも時折今でも「普通の(頼りない)女性」をやると

全然それっぽく見えるので

(映画「そして父になる」「ニシノユキヒコの恋」、NHK夏目漱石の妻」)

やっぱプロってすごい。

 

どっちが好きか、という話ではないんだろうな。

女性なら彼女が苦手っていう人もまあまあいそうだけど、

私はそれも含めて好きかもなんて。

参加してます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

人間悪い仮定ばかりしていると喜び方を忘れる?

先日、不妊治療の「胚盤胞凍結確認」をしたところ

最後の悪あがきなのか、1個凍結できたと。

 

若い健康な女性であっても、胚盤胞まで育つのは100%ではないらしい。

40歳過ぎると3割だとか、いやもっと低いとか

Net情報ではいろいろ言われている。

そんな中、なんとか2個の受精卵のうち1つが胚盤胞まで育って凍結できたのは

今までの自分の人生(不妊治療に限らず)で考えると珍しいな、なんて。

 

私の人生、いい方と悪い方の選択肢があった場合

たいていは悪い方になるというイメージがあった。

だから悲しまないように落ち込まないように

ずっと悪い結果が出た時のシミュレーションばかりしていた。

が、いざ病院に電話で確認

(この病院は受精確認と凍結確認はTELですることになっている)

して「凍結できました」と言われても、「はあ・・・」と間抜けな

返答しかできず。

 

心の中では「どうせお腹に戻せても着床しないだろう」とか

「着床しても流産してしまうんだろう」とか

まあ、自信のなさもここまでくると馬鹿っぽいなとか

これが親友だったら「なに言ってるの、バカ!」と言って

頭をぽかんとたたくよな、とか、思ってしまう。

 

この自信のなさは、大学浪人中の気持ちによく似てる。

現役では大学合格したものの、「やっぱ行きたくない」と

超絶わがままを言って浪人した私は2度目の受験はチョロイと

どこかで思っていたんだろう。

センター試験で大コケし、泣こうが何しようがもうどうにもならず

可能な限りジタバタしたが、結局合格1校もなしという悲惨な1浪目。

それに反省した2浪目は反動からか、なにをするにも自信がなくて

そんな自信のなさは親にも伝わり、破れかぶれな滑り止めを多数作り

無駄なお金をばらまき続け、挙句その当時の第一志望に合格した(笑)。

 

不妊治療と大学受験ていうのは本来似てないはずなんだけどね。

センター試験(ここでつまずいたら修正不可という崖っぷち感)、

センター足切り(運なのか実力なのか謎な選別)にヒヤッとして

いよいよ2次試験(ここは実力なんだろうけど)。

でも大学も合格したら終わりではないように、

不妊治療も妊娠陽性でたら終わりじゃない

(そして未知の世界だけど産んで終わりでもないらしい)。

 

それにしても、去年初めて花粉症で薬を飲み始めたのだけど

今年、なるたけ早く卵を戻すならそんな季節になっちゃうな。

嬉しいことなのに困るっていうのは、やっぱり私の性格をよく表しているなぁ

なんて。

(花粉症の状況によっては何か月か遅らせることもできるので考えよう)

 

「凍結できたよ」という私のLINEにあっさりと「よかった」と答える夫は

どの程度喜んでいるのか。

私同様、喜ぶとその後にある悲しみが増えると

不安なのかもしれない。

 

今日は外は雪。

雪降る街(複数)で20年以上暮らしたのに、

年数回しか雪は降らない今の街にすっかり慣れ

「外は寒そうだから外出やめよ」

なんて思っている。

この街へ来たばかりのころは、冬なのに雪が無くて

コートの前を閉めなくても歩けるくらい暖かい冬が

「北海道の秋がずっと続くみたい」なんて思って味気なかったのに。

人間はやはり変わるもんだな。

参加してます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

ドラマ・映画タイトル(~02/09まで)

1月2月で観た映画やドラマ、感想をまとめる(メモる)のは

追いつかない・つまらなくて面倒・忘れた

など理由はまああるけど、タイトルだけはメモっておこう。

(前に観たかどうか忘れてしまって2度みることあるのが悲しい)

 

【映画】

アイアムアヒーロー

スターウォーズEp4-6

・親密さ

 

【ドラマ】

・ミッシング~消えた少年(wowow

・ミッシング~囚われた少女(wowow

・クリミナルマインドS11(wowow

不機嫌な果実(TBS96年版)

・女の中の他人(BSプレミアム)

・フジコ(lalaTV

ブラックリスト4(superdramaTV)

参加してます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

カルテット#4

はじめてリアルタイムでみた(録画しつつ)ものの

途中で眠ってしまい、結局翌日もう一度みたというオチ。

 

・一生くんの事情は案外ライトだった

 (もっとやばいことして追われてるのかと思ったのに)

・話が通じる順番(とかそんな感じのニュアンスだったけどだいぶ不正確)

 が 猫>かぶとむし>元嫁

 というのが相変わらず坂元節だな

・一生くん、小学生で自転車日本一周、大人になったらVシネマって

 音楽はいつどのくらいやってたという設定なのか?

 挫折した大人というのは、良くも悪くもなにかに打ち込み過ぎて

 バランスが悪いというのが必須だと思っていたのだが、違うのか?

・息子が可愛すぎず(最近やたら可愛すぎる子役多いからさ)

 でもおとなしい感じ(自己主張少な目)が

 リアルっぽくて、そして見ようによっては親子だなと思える雰囲気で

 よかった

 子どもって大人が思うよりずっと周りのことみえていて、

 気にしていて、でも子供っぽさを求められていることも気づいているんだよね

・アリスちゃん(吉岡)のじっとりとした怖さがだんだん出てきたね

 一言も脅していないのに、どう考えても恐喝

 あの女優さんは最近「素直な女子」的な出演が多かったけど

 こういう役いいかもよ

 (前クールの「レディダビンチ~」は大根感強かったもん)

・まきさん(松)の東京自宅でのシーンでは

 彼女が本当に夫のことを愛していたようにも見えて(靴下を片付けられない)

 ベランダのごみは怪しさもあり、

 過去の夫ベランダけが事件は謎でもあり

 それとは交わらない話として、松田くんの恋心が止まらないシーン

 (甘栗をただむく、まきさんの手をにぎる)

 が絶妙

 #2のときのように押し倒す/倒されるにならなかったのは

 彼女のほうにやはり夫への想いがあったから・・・と思いたい

・それにしても、ラストアパートの鍵をガチャガチャ→開錠したのは誰?

 

最近よくある漫画や小説原作ではないため、展開がさっぱり読めず

新鮮だよな

 

参加してます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

お母さん、娘をやめていいですか?#4

ようやく録画視聴が追いついた。

 

・お母さんの狂気、だいぶひどくなってきた?

・おばあちゃん案外あっさり死んじゃったわね

・葬式→親族が集まる→修羅場ってリアルでもみたことあるけど

 ドラマでもよくあるよね

 あれ結構発生頻度高いんだろうか?

・娘(波留)と柳楽君いい感じになってきたね

 まだチューもしてないっぽいのに、男性一人暮らしのアパート

 へ行くっていうのはちょっとどうなんだ?

・母(斉藤)が柳楽君の前で泣いたのは、誘ってるのか?

 もしや自分のタイプだったとかそういうオチではなかろうに・・・

 と考えると、娘の交際をぶち壊そうという意図?

・#3みた直後にも思ったのだけど、ドラマタイトル

 「お母さん娘をやめていいですか?」

 という言葉の主語(わたし)は母役の斉藤由貴にこそ当てはまるよね

 あんなばあさん(彼女にとっては母)の娘なんてさっさと辞めちゃえよ

 とか思う

 考えすぎ?

・影が薄い夫(お父さん)はようやくリストラ候補の話をしたけど

 ごたついてる(お祖母ちゃんの死やらお母さんの体調不良)

 ときに言わなくてもいいのに・・・

 でも、どさくさに紛れて言ってしまうというテクニックもあるか

・娘の洋服の感じが最後の方変わったよね

 母親の趣味(花柄)ではなくて、自分の好きな色(暗めの無地ジャケット)

 を着ることができたのなら、一歩前進なんだけど

 次回予告をみると洋服は元の花柄っぽいのに戻っていたので

 たまたまなんだろうか?

参加してます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

お母さん、娘をやめていいですか?#3

忙しくて録画しっぱなしだったのをようやく見る。

 

・お母さん、どんどんホラーになっていく

・娘、ようやく気付いたか?

 でも気づいたとしてもいきなりすべてを捨てることは

 そりゃ無理だよね

 走って逃げるくらいが妥当だよね

・柳楽君、優しいなぁ

 このくらいの見た目(あまりイケメンすぎない)と振舞いなら、

 逃げ恥よりも現実的にありそうで逆にキュンとするような

・おばあちゃんがやはりよくないね

 娘はそのことに早く気付いた方がいいぞ

 それまでお母さんが悪いの一辺倒だったけど、彼女も被害者なんだよな

 で、おばあちゃんが娘に(悪かった)と思っていても直接言えず

 孫には話せる・・・っていうのは、先日読み返した角田光代のエッセイにもあったな

 「しあわせのねだん」っていうエッセイ

 角田さんもお母さんと多少(そこそこ?)いろいろあって

 エッセイなど書いているけど、

 じんわり緩くしんどい感じを表現するのがうまいなと思ってる

 (毒親っていうほどの激しさがないっていうのがリアル)

・娘の学校でのうまくいかない加減は

 ちょっと自分にも心当たりがあるようなないような、なんとなくヒリヒリする

 ドラマのように「反抗していた生徒がいざとなると教師を助ける」

 っていうことは幻想だと思うけど、それでも十分時間がたって

 思い出すのはおとなしくていい生徒ではなくて、反抗した生徒なんだよね

 自分が生徒側だったころ、そういうのがすごく嫌だった

 自分が(おとなしい側)だったからジェラシーだったのかもしれない

 でもやっぱり今、もし10代の学生に戻れたとしても、

 やっぱり私はおとなしい生徒になるような気はする

参加してます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

東京タラレバ娘#3

今回は主に大島優子の回。

不倫にはまる女性の王道いくのね。

(原作もそうなのだけど)

 

不倫相手(男)、最近はあんな普通の男性もそういうことしちゃうのか?

私も自分の夫、気を付けてみた方がいいんだろうか?

とかそんなことをぼんやり考えてみたり。

 

もう吉高と榮倉は行くところまで行ったらよろしい。

女の子っていう年でもないし、いいことも悪いことも、

結果を受け止めるのが大人ってもんでしょう(キリッ)。

 

このドラマみてて、なんか話題(すっかり男とは縁遠くなった)と

役者(女性3人)のぴちぴち度が合わないのが気になる。

いや確かに漫画でも3人は美人さんだったしさ、多少口が悪いだけで

こだわらなければまだ出会いのチャンスもたくさんありそうだったけど

30過ぎて独身で、安い居酒屋で愚痴を言いまくる・・・という設定だと

もうちょっと地味な見た目の方がリアルさが出るんでは?と。

ふと思い出したのが数年前の映画「すーちゃん まいちゃん さわこさん」。

あれも30代の女性3人が主人公で、人生迷ってたけど

こっちの方がリアルでよかったような。

地味な柴咲コウっていうのは新鮮で

(っていうか実はあまり彼女のドラマとかみてないかも)、

セクハラされ気味で働く女性の真木よう子もなかなかいい感じで

おばあちゃんの介護をしている寺島しのぶ

今まで見たことないキャラではあったものの、

「あー、こういう女の子いるよね」

とすごく普通の役(地味なやつ)がとてもよかった。

 

思いもかけず、そんな昔みた映画のことを思い出してしまったのでした。

ドラマの感想ではなくなったような。まいいか。

参加してます↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村