読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ最後を意識しはじめる

不妊治療の病院への通院。

来年誕生日が来るまでの治療となんとなく決めている。

どこかで線を引かないとつらいのは金銭的な面だけではなく

肉体的、精神的なものも大きい。

そもそもの不妊治療を開始したのは30代のころ。

その時に夫と話したんだった。

「いつまで頑張る?」と聞く私に夫は「42くらいまでかね?」と。

夫の母が夫の妹を出産したのが42歳だったということで

根拠があるようなないような・・・だけど

その後不妊治療の助成金に年齢制限が設けられたのも42歳となったことで

その42という数字に俄然重みが出たような。

 

明日採卵になった。

エコーでみると卵胞の位置がとても深いので、当日状態によっては

採取不可→断念となる可能性も説明された。

まだ卵胞が育っていることに感謝しつつも、

これが最後の採卵になるのかも・・・なんて考えたりもする。

これが最後じゃなくても、通院するたびに「あと何回通うのだろう」と

ぼんやり思うことが増えた。

なんだか高校卒業前のおセンチな気分(あと何日登校だ、さみしいなぁ)

に似ているような、ちょっと違うかもしれないが(笑)。

 

あまりしんみりするのは健康上よくないので

そんなときは録画した「逃げ恥」をみる。

珍しく夫も毎週チェックしているドラマ。

ちょっとしかでてこないけど、「ゆりちゃん」いいなぁ。

あのドラマをみて車運転したくなったよ。

誕生日がきたら、不妊治療をやめてペーパードライバー返上すべく

それ用の講習を受けるつもり満々。

くさくさした時に、一人で車を運転して海を観に行く・・・

というのが今抱く夢。小さいんだか大きいんだか(笑)。